Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Se informa acerca de la entrada en vigencia el 27/03/2021 de la Decisión Administrativa 268/2021 del Jefe de Gabinete de Ministros acerca del Cierre de Fronteras. La norma establece medidas adicionales acerca de los vuelos hacia la Argentina, y determina ciertos controles que se agregan a los actuales para aquellos pasajeros que ingresen al país. Se puede acceder al texto de la norma a través de este enlace: https://www.boletinoficial.gov.ar/detalleAviso/primera/242370/20210326

En virtud de lo establecido por el Decreto 167/2021 y la Decisión administrativa 219/2021 en su artículo 4, se recomienda a los nacionales o extranjeros residentes en el país y, en particular, a los mayores de SESENTA (60) años de edad o a personas pertenecientes a los grupos en riesgo definidos por la autoridad sanitaria, diferir sus viajes al exterior, cuando los mismos no respondieran al desarrollo de actividades esenciales.

Se destaca que "la salida y el reingreso desde y hacia el país implicará la aceptación de las condiciones sanitarias y migratorias del país de destino y de la REPUBLICA ARGENTINA al regreso, asumiendo las consecuencias sanitarias, legales y económicas derivadas de la misma; tal y como la imposibilidad de iniciar el viaje con síntomas compatibles con COVID-19, la necesidad de contar con un servicio de salud del viajero COVID-19 en el exterior para la cobertura médica y/o aislamiento, y de denunciar los lugares en donde estuvo en los últimos CATORCE (14) días previos al reingreso al país, entre otros. Asimismo, deberá darse cumplimiento a las condiciones impuestas por la autoridad sanitaria nacional y someterse al control de las Autoridades Provinciales, de la CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES y Municipales, en sus respectivas jurisdicciones y ámbitos de su competencia."

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

News

マクリ政権の発足以来、アルゼンチンは海外からの直接投資の拡大を目指し国内のビジネス環境の改善に取り組む一方、グローバル化の手段として同国が加わる地域統合・メルコスール(南米南部共同市場)の活性化に動いています。そのような中で、日本を最重要なパートナーとして位置づけ、アルゼンチンおよびメルコスール地域での日本・アルゼンチン企業間の連携強化を目指すとしています。 アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使はラテンアメリカ協会の招きをいただき「アルゼンチンと日本の戦略的関係強化に向けて」と題し講演致します。企業関係者はもちろん、...
アルゼンチンには様々なフォルクローレがありますが、イグアスの滝のあるこのアルゼンチン北東部は「チャマメ」と呼ばれるフォルクローレで有名です。 アルゼンチン北東部、ブラジルとの国境に面した街 Paso de los Libres(パソ・デ・ロス・リブレス)出身のチャマメの歌手ジセラ・メンデス・リベイロが、10月皆さんにアルゼンチンのフォルクローレの魅力を届けに初来日。 ブラジル人の祖父を持ち、幼い頃からスペイン語、ブラジル語のバイリンガルな音楽一家の中で育った歌手ジセラは、伝統的なチャマメの音楽に洗練されたエッセンスを加え、スペイン語、ポルトガル語、グアラニー語で歌い上げ、...
アルゼンチンと日本、2つの眼差し、2つの正反対の世界、遠く離れた現実、2つの違った考え方が交わった時、どうなるのだろう。写真は結論ではなく絶え間ない問いかけであり、だからこそそれは永遠の追求なのです。         【オープニング】 日時: 2017年11月9日(木) 18:30~20:00 場所: セルバンテス文化センター東京 2階ギャラリー 入場料: 無料 予約: オープニングに参加ご希望の方は、以下ウェブサイトよりお申込み下さい。 http://reservas.palabras.jp/   【展覧会】 2017年12月2日(土)まで開催  
講演者ハビエル・カンポは映画技術学士であり、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの現代映画界へ影響について書いた『ボルヘスからノーランへ、ポストモダン代表としての映画インセプション』の執筆者です。2010年に公開され4のグラミー賞を受賞したSF『インセプション』の原案・監督クリストファー・ノーランを取り上げています。本著作本はユネスコの協力により出版され、アルゼンチンでは高い文化的興味を誇る作品とされています。     日時: 2017年11月7日(火) 18:00~19:00 場所: セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリアム 入場料: 無料 予約:...
建築家ル・コルビュジェ生誕130年を記念し、ウルグアイ人アーティストのアレハンドロ・マッセイロットが現代アート作品『同居する世界』で世界巡回展を行います。本作品は世界各国でその作品がユネスコの世界文化遺産に登録される、ル・コルビュジェの建築に端を発しています。今回は東京でアルゼンチン唯一のコルビュジェ作品、クルチェット邸で制作されたビジュアルアートを研究家ノルマ・アンブロシーニと共に紹介します。   日時: 2017年10月17日(火) 18:00~19:00 場所: セルバンテス文化センター東京地下1階オーディトリアム 入場料: 無料 予約:...
第14回ラテンビート映画祭にて、3本のアルゼンチン映画(2017年制作)が上映されます。 ZAMA(サマ)とUNA ESPECIE DE FAMILIA(家族のように)は今月アルゼンチンで公開された新作映画です。(全て日本語字幕付き)   <映画タイトル・監督> -ZAMA(邦題:サマ)/ 監督: ルクレシア・マルテル -LA CORDILLERA (邦題: サミット)/ 監督: サンティアゴ・ミトレ -UNA ESPECIE DE FAMILIA (邦題: 家族のように) / 監督: ディエゴ・レルマン   <上映場所・上映日時> ZAMA(邦題:サマ) 東京:...
今年8月25日にレオナルド・ブラボー氏(東京在住アルゼンチン人ギタリスト)が、ゲスト出演した「白寿ギターフェスタ」の模様がNHK – BSで放映されます。   放映日: 2017年10月13日(金曜日) 放映時間:5:00 a.m. – 5:55 a.m. 放映チャンネル: NHK-BS 番組名:クラシック倶楽部
レオナルド・ブラボー氏(東京在住アルゼンチン人ギタリスト)とレアンドロ・リーバ氏(ドイツ在住アルゼンチン人ギタリスト)によるコンサート 開催日: 2017年10月8日(日曜日) 開演時間: 14:00 p.m. (開場は13:30 p.m.) 開催場所: 現代ギターGGサロン        東京都豊島区千早1-16-14        Tel. 03-3530-5341                   最寄駅: 地下鉄有楽町線 要町                   連絡先: 青田様 Tel: 080-9548-1834 Mail: aotabou3@...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2017 チャリティーバザー」が2017年10月30日(月)、新装した東京プリンスホテルにて開催されます。   日時: 2017年10月30日(月)午前11:00 ~ 午後3:30 *午後1:00~音楽・ダンスショー *午後3:00~ドアプライズ抽選会 *午前10:30以前のホテルへのご来場はご遠慮願いたく存じます。 *入場券の半券(抽選券)は午後1:00までに抽選箱へお入れ下さい 場所: 東京プリンスホテル2階「鳳凰の間」、「マグノリアホール」   (東京都港区芝公園3-3-1) 入場券: 2,000円 ...
2017年9月22日(金) ~24日(日)にかけて東京ビッグサイトにて、 世界最大級の旅の祭典、ツーリズムEXPOジャパン2017が開催されます。 メルコスール観光局が、「中南米・カリブ」エリアのJ2ブースに出展いたします。 22日(金)は業界関係者の商談会のため、一般の方は入場できません。 23日(土)~24日(日)は一般公開されます。 詳細: http://www.t-expo.jp/public/

No front page content has been created yet.

Destacados

4月29日および5月3日、4日、5日は、日本の国民の休日のため、アルゼンチン大使館は終日閉館日となります。 上記期間中の緊急連絡先は以下の通りです。 080-1327-9416  
アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。