Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Se informa acerca de la entrada en vigencia el 27/03/2021 de la Decisión Administrativa 268/2021 del Jefe de Gabinete de Ministros acerca del Cierre de Fronteras. La norma establece medidas adicionales acerca de los vuelos hacia la Argentina, y determina ciertos controles que se agregan a los actuales para aquellos pasajeros que ingresen al país. Se puede acceder al texto de la norma a través de este enlace: https://www.boletinoficial.gov.ar/detalleAviso/primera/242370/20210326

En virtud de lo establecido por el Decreto 167/2021 y la Decisión administrativa 219/2021 en su artículo 4, se recomienda a los nacionales o extranjeros residentes en el país y, en particular, a los mayores de SESENTA (60) años de edad o a personas pertenecientes a los grupos en riesgo definidos por la autoridad sanitaria, diferir sus viajes al exterior, cuando los mismos no respondieran al desarrollo de actividades esenciales.

Se destaca que "la salida y el reingreso desde y hacia el país implicará la aceptación de las condiciones sanitarias y migratorias del país de destino y de la REPUBLICA ARGENTINA al regreso, asumiendo las consecuencias sanitarias, legales y económicas derivadas de la misma; tal y como la imposibilidad de iniciar el viaje con síntomas compatibles con COVID-19, la necesidad de contar con un servicio de salud del viajero COVID-19 en el exterior para la cobertura médica y/o aislamiento, y de denunciar los lugares en donde estuvo en los últimos CATORCE (14) días previos al reingreso al país, entre otros. Asimismo, deberá darse cumplimiento a las condiciones impuestas por la autoridad sanitaria nacional y someterse al control de las Autoridades Provinciales, de la CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES y Municipales, en sus respectivas jurisdicciones y ámbitos de su competencia."

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

News

アルゼンチン、ブラジル、メキシコ大使館主催の映画上映会3X3第二弾がセルバンテス文化センタ-にて5月11日から13日にかけて開催されます。各国とも今世紀を代表する作品を上映します。 年々存在感を増すラテンアメリカの映画業界が生み出す映画世界をお楽しみください。(入場無料) 場所 セルバンテス文化センター東京 地下一階オ-ディトリアム 〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル Tel (03) 5210-1800 http://tokio.cervantes.es/jp/about_us_spanish.htm プログラム (...
タンゴ史上最高と言われる伝説のペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペスの幼少時の出会いから50年に亘る愛憎のタンゴ人生を、巨匠ヴィム・ヴェンダースの総指揮のもと、全編に流れる名曲と共にお届けするセミ・ドキュメンタリー。 2016年7月 Bunkamura ル・シネマ他 全国ロードショー。 詳細:  last-tango-movie.com
東京メトロ主催の無料イベントMetro Music Oasisの今年のテ-マは「音楽で巡る、世界旅行」です。その第一回として、 「銀座の地下で魅せる アルゼンチンタンゴ」が4月28日(木)に開催されます。  出演するのは国内外で活躍するGonzalo y Manaと Cristian y Naoの2組のペアです。 Gonzaloは2006年タンゴ世界選手権で3位になったダンサ-です。Cristian y Naoは2009年から4年連続タンゴ世界選手権サロン・ステ-ジ両部門のファイナリストです。 オ-ケスタmentaoによる生演奏でアルゼンチンタンゴをお届けします。 日時 ...
3月27日から4月5日にかけて「シン・フロンテ-ラス」の初めての日本ツア-が行われます。 アルゼンチン出身のベ-シスト、カルロス・エル・テロ・ブスキ-ニとウルグアイ出身の歌手アナ・カリ-ナ・ロッシのドゥオ「シン・フロンテ-ラス (訳:国境なし)」にフランス出身のバンドネオン奏者オリビエ・マヌ-リがゲスト参加。 三人が奏でる音楽はラ・プラタ河の文化、タンゴ、ジャズの垣根をこえて縦横無尽にクロスオ-バ-していきます。   主催 ラテン文化センタ-ティエンポ 協力 アンスティチュ・フランセ日本、PaPiTa MuSiCa, Musica del Popoli, PF...
「わたしの物語〜わたしがいかにしてモンハ(修道女)になったか〜」 アルゼンチンの現代作家セサル・アイラ原作の小説「わたしの物語」の初舞台化。 原作     セサル・アイラ 訳        柳原孝敦 演出     田中麻衣子 日時: 2016年4月26日-29日(計7回公演) 4月26日(火)20時 4月27日(水)14時/19時半 4月28日(木)14時/19時半 4月29日(祝)13時/18時 場所: 参宮橋TRANCE...
日時 3月12日(土) 15時開演 場所 東京オペラシティ コンサ-トホ-ル 東京都新宿区西新宿3-20-2 https://www.operacity.jp/access/index.php ピアソラ歌いとして世界最高のディーヴァ、バルタール、圧倒的な存在感を放つグラナドス、小松亮太と待望の再共演!
日時 2月27日(土)、28日(日) 14時開演 場所 横浜みなとみらいホ-ル 小ホ-ル 横浜市西区みなとみらい2-3-6 Tel 045 682 2020 www.yaf.or.jp/mmh/index.php 制作・主催 横浜能楽堂 後援 アルゼンチン共和国大使館 今回のコンサ-トは、「音楽革命」ほ引き継ぐタンゴの「巨匠」パブロ・シ-グレルと「邦楽の貴公子」藤原道山、初めての共演。 国を超え、時代を超え、さらなる「音楽革命」へ。 シ-グレル書き下ろしの新作「12hours~重なる瞬間」の初演もご期待下さい。
日時 2016年3月8日 19時-20時半 国際女性デ-記念ト-ク 「アメリ-タ・バルタ-ル」 司会  名古屋大学大学院准教授/PaPiTa MuSiCa 西村秀人氏 入場無料 スペイン語/日本語 主催 セルバンテス文化センタ-東京、アルゼンチン共和国大使館 協力 東京オペラシティ文化財団 「国際女性デ-」にアルゼンチンを代表する歌手アメリ-タ・バルタ-ルの講演会を開催します。バルタ-ルは1968年ピアソラのオペレッタ(詩:オラシオ・ フェレ-ル)「ブエノスアイレスのマリア」の主役に抜擢され、その後ピアソラのミュ-ズとして活躍し、充実したキャリアを積んできました。...
2015年12月11日(金)・12月12日(土) 会場:アテネ・フランセ文化センター アルゼンチンを代表する若手監督として世界中から注目されているマティアス・ピニェイロ。 今回は2014年夏にロカルノ国際映画祭で発表された最新作も含めた4作品を上映。 12月11日(金) • 18:30 「みんな嘘つき」(75分) • 20:05 「ロサリンダ」(43分) 12月12日(土) • 16:30 「ビオラ」(63分) • 18:00 「フランスの王女」(67分) 全て日本語字幕付き、料金:一般1200円、4回券4200円、学生シニア1000円...
上田義彦写真展開催のお知らせ ゜Materia 2015" 上田氏は、アメリカのワシントン州の木々や森をとらえた写真集「Quinault」から、屋久島の木々や森を記録した近作「Materia」に至るまで、約30年にわたり、写真を通じて地球上の生命の根源について考察を続け、巡礼の旅を続けてきました。 本展では、新作を中心に「Materia 2015」のタイトルのもと、海中や木々や台地など地球上の『生命を生む力』を表した作品33点を展示します。そのうち15点は今夏以降、パタゴニアにおいて撮影された新作です。 会期 11月14日(土)-12月12日(土) 会場 ...

No front page content has been created yet.

Destacados

4月29日および5月3日、4日、5日は、日本の国民の休日のため、アルゼンチン大使館は終日閉館日となります。 上記期間中の緊急連絡先は以下の通りです。 080-1327-9416  
アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。