Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

Highlights

7月26日に第26回アルゼンチン政策協議が東京にて開催され、アルゼンチンのパブロ・テッタマンティ外務次官が代表団を率いて出席しました。日本側の代表は、鈴木浩外務審議官が務めました。アルゼンチン代表団としてギジェルモ・ハント駐日アルゼンチン大使、エドゥアルド・アセベド・...
安倍晋三元首相が銃撃を受け亡くなったという報に接し、大きなショックを受けております。 安倍元首相の最愛の方々へ、心より哀悼の意を表すと共に、民主主義と平和を揺るがすこの衝撃的な、残虐な攻撃に対し、最大限の非難をいたします。 アルベルト・フェルナンデス アルゼンチン共和国大統領

News

ギジェルモ・ハント大使は8月6日、1945年に広島に投下された原爆の犠牲者を追悼する広島平和式典に参加しました。 式典の様子と日本のテレビ中継の写真を紹介します。
8月27日(土)、28日(日)、アルゼンチン女子フィールドホッケー代表チーム ラス・レオナス(愛称:雌ライオンの意)が大井ホッケー競技場で日本代表と対戦します。 チケットはこちらから:   https://eplus.jp/sf/word/0000154603 @coargentina @arg_fieldhockey @japan.hockey #LasLeonas #ラスレオナス  #女子フィ-ルドホッケー #アルゼンチン
核兵器不拡散条約(NPT)は、核兵器の拡散を防止し、原子力の平和利用における協力を促進するための国際社会の中心的な法的手段の一つです。1970年に25年間の期限付きで発効し、1995年に無期限・無条件で延長されました。 2020年、同条約は発効50周年、無期限延長25周年を迎えました。アルゼンチンは、大量破壊兵器を禁止するすべての国際条約に加盟しており、核兵器拡散を防止するための基準の改善・強化に積極的に取り組んでいます。
7月7日、G20外相会合に出席するためインドネシア・バリを訪問中のサンティアゴ・カフィエロ外相は、林芳正外務大臣と会談を行いました。両外相は、科学技術分野における協力と、現在の良好な二国間関係を確認し、鉱業、自動車セクター、デジタルエコノミーにおける商業的可能性を探りました。
大使館と@winesofargの協力のもと、ワイン専門誌『ウォンズ』にアルゼンチン特集が掲載されました。 ウコ・ヴァレー地区を中心としたアルゼンチンワインの今日の動向と日本市場におけるマーケティングの可能性が取り上げられています。 @cancilleriaarg@promocionarg@yasuko_nagoshi_wands #winesofargentina #argentinewine #malbec #valledeuco #wine #winelover#argentinainjapan
アルゼンチン共和国は、人権の促進と保護に取り組んでいる機関や個人に向けて、2022年「エミリオ・F.ミグノネ」国際人権賞の応募開始をお知らせいたします。 エミリオ・F・ミグノネ国際人権賞は、アルゼンチン共和国外務省によって2007年に設立され、人権の促進と保護におけるアルゼンチン国内外の機関や海外で活動する人々を表彰しています。 この賞は、受賞した機関または個人団体が取り組んでいる課題に注目し、アルゼンチンの市民団体組織との関係を強化し、さらに御国における人権の促進と擁護への取り組みをさらに強調できる場となっております。 募集期間は2022年9月30日迄です。 応募するには、...
7月6日、アルゼンチン大使館と東京セルバンテス文化センターは、アルゼンチン作家リカルド・ピグリアの小説『燃やされた現ナマ』の日本語版を発表しました。また、アルゼンチン映画監督マルセロ・ピニェイロ氏による同作の原作となる映画の上映も行いました。 当イベントは、小説とピグリアの作品について、同作日本語版の翻訳者である大西亮教授と現代ラテンアメリカ文学の専門家である寺尾隆吉教授による講演から始まりました。 その後、東京レインボーリールLGTBIQ +映画祭のオープニングとして、映画「逃走のレクイエム」が日本語字幕と共に上映されました。 東京セルバンテス文化センター、マルセロ・ピニェイロ監督、...
アルゼンチン政府衛星運営事業者アルサット社の訪日スケジュールの一環として、ハント大使は同社副代表のギジェルモ・ラス氏及び幹部らと共に、総務省の代表者と会談しました。会談の中で、デジタル放送や光ファイバーの分野における二国間協力の可能性について議論を交わしました。 @cancilleriaarg @conae_oficial
ハント大使は、アルサット社幹部らに同行し、JAXA理事長 山川 宏氏たちとの面談にて情報交換を行い、衛星に関する二国間協力の可能性を模索しました。@cancilleriaarg @conae_oficial @desarrolloproductivo @economia_arg @jaxajp
アルゼンチン出身のバレーダンサー、デミアン・ヴァルガス先生が7/1(金)から7/4(月)にかけて名古屋市にて開催される「International Ballet Workshop」に参加・ご指導なさいます。 主催Jyoron/ 後援アルゼンチン共和国大使館他 / 会場 名古屋市芸術創造センター 詳しくは@jyoron_balletをご覧下さい。

No front page content has been created yet.

Destacados

7月26日に第26回アルゼンチン政策協議が東京にて開催され、アルゼンチンのパブロ・テッタマンティ外務次官が代表団を率いて出席しました。日本側の代表は、鈴木浩外務審議官が務めました。アルゼンチン代表団としてギジェルモ・ハント駐日アルゼンチン大使、エドゥアルド・アセベド・...
安倍晋三元首相が銃撃を受け亡くなったという報に接し、大きなショックを受けております。 安倍元首相の最愛の方々へ、心より哀悼の意を表すと共に、民主主義と平和を揺るがすこの衝撃的な、残虐な攻撃に対し、最大限の非難をいたします。 アルベルト・フェルナンデス アルゼンチン共和国大統領
アルゼンチン共和国外務・通商・宗務省 @CancilleriaARG アルゼンチンは、日本政府と、銃撃の犠牲者として亡くなられた安倍晋三元首相のご家族に心からお悔やみを申し上げます。 この辛い時、私たちの心は日本の皆さんと共にあります。
アルゼンチン共和国は2022年4月6日から行政決議第370/2022号に基づき入国要件を変更しました。これにより非居住外国人は下記の条件をカバーしてください。 (1) 入国にかかる誓約書を以下のウェブサイトから出発時刻前48時間以内に記入し送信すること。 https://ddjj....
アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...