Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

Highlights

アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...

News

12月23日にギジェルモ・ハント大使は、ペリ クラーク ペリ アーキテクツ ジャパン(株)光井純代表取締役と面談を行い、日本におけるアルゼンチン建築の伝統を今後広めていく活動について話し合いました。日本にはアルゼンチン出身の著名な建築家シーザー・ペリがてがけた建築作品が多数あり、羽田空港や国立国際美術館もペリの作品です。 #Argentina #Japon #Arquitectura @culturalesarg @pcparch #シーザー・ペリ
1/4(火)午後11時30分11時55分にかけて放映されるNHK Eテレの「旅するためのスペイン語」に日本在住のアルゼンチンのギタリスト、レオナルド・ブラボー氏が出演します。2つの文化の間で生きる音楽表現の模索について語ります。再放送は1/11(火) 朝6時から6時25分です。 番組情報https://www.nhk.jp/p/spanish-tv/ts/7PLVNN1MJ2/episode/te/BQKM14W4M2/  
1月14日(金)「OKIYA GUEST HOUSE & TAPAS BAR (オキヤゲストハウス&タパスバー)」にて、タンゴダンサーのアルバロ・サラス&フリエタ・カッピエジョ ペアによる「タンゴ&ミロンガ」が開催されます。同イベントには北山商事(株)が協力し、アルゼンチンのカサレナワイナリーのワインを御協賛下さいます。 お問い合わせ Tel 0277-43-0048 〒376-0045 群馬県桐生市末広町1-14www.okiyaguesthouse.com @okiyaguesthouse  
アルゼンチン出身の作曲家兼ギタリストのフェデリコ・ヌニェスが作曲した「Sobre el yeite」の世界初演に皆様を御招待いたします。 アルゼンチン大使館が後援した文化発信促進委員会(CSPC シスペック)主催の「東京タワー文化フェスティバル ワールドコラボレーションコンサート2」の中で披露される予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止対策および緊急事態宣言発出によりコンサートは延期。2021年7月26日に演奏予定作品の収録が行われ、現在 YouTubeにて公開されています。ヌニェス氏の作品は56分38秒からお聴き頂けます。https://www.youtube.com/watch?v=...
国書刊行会から昨年、「記憶の図書館」ボルヘス対話集成が出版されました。 ボルヘス(1899-1986)はアルゼンチン出身の作家・詩人で、スペイン語圏のみならず、世界文学において大変重要な人物です。 1984年から1986年にかけてボルヘスとアルゼンチンのジャーナリスト、オスバルド・フェラーリの間で行われた118の対話は日本、仏教、映画、キリスト、友情など多岐にわたります。世界各国で出版されている名著の完訳版。日本語版は700頁に及ぶ美しい本として世に出ました。  
ハント大使は、全国高校サッカー選手権大会の優勝チームである青森山田高校のサッカーチームへアルゼンチン共和国杯を授与しました。@aomori_yamada_football@japanfootballassociation
2022年1月14日(金)、清泉女学院が創立された横須賀の地で記念碑建立の除幕式が開催されました。 今年は、清泉女学院中学高等学校 @seisenjhs 、及び清泉小学校の75周年の年にあたります。 清泉女学院は聖心侍女修道会が設立したカトリックの私立校で、小学校から大学まで一貫教育を行っています。 清泉女学院の歴史を語る上で忘れてはならないのは、学校の創設と発展に寄与したアルゼンチン出身のエルネスティナ・ラマリョ修道女のことです。1934年シスタ-エルネスティナ・ラマリョは聖心侍女修道会の三名の修道女と共に来日し、1969年に日本で亡くなるまで若者の教育の為に生涯を捧げました。...
児童絵画コンクール「アルゼンチンと日本のスポーツ」の受賞者を発表致します! A部門 6才~8才の子供たち:  1位:岡崎葵さん(茨城県境町立長田学校)色使いが非常に鮮やかで、細部に重要な注意をはらっています。 2位:三浦聖花さん(川俣)アルゼンチンと日本の絆をラグビーというスポーツを通してとても美しく表現しています。 3位:ワカマツ花怜さん(東京インターナショナルスクール-TIS)。さまざまな色とスポーツ行事がサッカーボールを美しく表現しています。 B部門 9才~12才の子供たち: 1位:松田愛花さん(川俣)アルゼンチンと日本のアスリートの様子が素晴らしい色合いで表現されていて、...
日本語で出版されたシルビーナ・オカンポとアドルフォ・ビオイ・カサーレスの本のプレゼンテーションイベント アルゼンチン大使館は、セルバンテス文化センターと共同で、アドルフォ・ビオイ・カサーレスの『英雄たちの夢』とシルビーナ・オカンポの『復讐の女/招かれた女たち』の本のプレゼンテーションイベントを行います。イベントは12月14日火曜日の午後6時から午後8時まで開催され、セルバンテス文化センターにて又はオンラインで参加可能です。 2021年に、アルゼンチンの幻想文学の中で最も有名であるアドルフォ・ビオイ・カサーレスとシルビーナ・オカンポの2人の代表的な作品が日本語に翻訳されました。...
アルゼンチン大使館は「チャマメの夕べ」を12月2日(木)にアルゼンチン大使公邸にて開催しました。 大使館後援の日本ツア-の為に来日したアルゼンチン出身の音楽家とダンサ-たちが「チャマメ」のパフォ-マンスを披露しました。メンバ-はファクンド・ロドリゲス(ギタ-), フリオ・ラミレス(アコ-デオン),フェルナンド・シルヴァ (コントラバス)、及びダンサ-のルルデ・フェルナンデスとルイス・モリナです。

No front page content has been created yet.

Destacados

アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...