Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

Highlights

3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...

News

12月5日ギジェルモ・ハント大使は、第14回東京目黒区フットサルインターナショナルトーナメントの表彰式に参加しました。 表彰式では優勝チームにトロフィー、メダル、そしてチョコレート「ボノボン」を渡しました。 女子優勝チーム:神奈川県川崎市の幸チェリーズ 男子優勝チーム:東京都のフウガドール すみだエッグズ そして「ボカ・ハポン」(ボカ・ジュニアーズ日本支部)の試合の様子を見て楽しむことが出来ました。  
ギジェルモ・ハント大使は、1937年に建設されたコミュニティセンターである「モンテネグロ会館」を訪れました。境町とアルゼンチンの特別な関係の象徴である当時のアルゼンチンの外交官の活躍に感謝いたします。また当日はアルゼンチンとの関係の創始者の曾孫であり、物件の所有者である野本勇作氏に迎えられました。 最近改装された「モンテネグロ会館」で運営されているカフェに、さまざまなアルゼンチン製品をお届けしました。
ギジェルモ・ハント大使は、東京オリンピックに際した弊館の貢献に対して、日本国政府からの感謝状を、境町長の橋本正裕より受け取りました。 境町は、オリンピック事前キャンプのため、「ラス・レオナス」(フィールドホッケー女子代表チーム)と「ロス・レオネス」(フィールド・ホッケー男子代表チーム)、パウラ・パレト選手(女子柔道)を迎えました。 境町、長田小学校の皆さん、ありがとうございました!
  アルゼンチンから日本向けに輸出されたトマト缶の最初のコンテナが北海道の苫小牧港に到着しました。 アルゼンチン大使館は、日本市場においてますます多くのアルゼンチン製品が展開されるために活動し続けてまいります。
体験型の大規模インスタレーション《建物》シリーズが十和田市現代美術館で世界初の常設展示となります! レアンドロ・エルリッヒ《建物—ブエノスアイレス》 2021年12月1日(水)より公開! 十和田市現代美術館では、十和田市のまちを美術館にするプロジェクト“Arts Towada”が10周年を迎えたことを機に、開館以来初の常設作品の入れ替え、寄託作品の展示をし、塩田千春、名和晃平の作品を公開しています。 そしていよいよ来月12月1日(水)には、また新たな常設展示作品 レアンドロ・エルリッヒ《建物—ブエノスアイレス》が、春より建設を進めてまいりました展示室とともに公開となります。 《建物—...
ギジェルモ・ハント大使は、ラテンアメリカ・カリブ地域を管轄する上杉 謙太郎外務大臣政務官と面談を行いました。 その中で、二国間関係における主要な問題の現状についてレビューを行い、日亜両国の間に在る素晴らしい絆をさらに良好なものにするべく努めることで合意しました。
ハント大使は、日本信号株式会社 取締役 常務執行役員の大島秀夫氏と面談を行いました。その中で、同社がアルゼンチンにて取り組んでいるプロジェクトや将来的な事業機会についてのレビューを行いました。
11月26日に大使館にて、日本オリーブオイルソムリエ協会との共催でアルゼンチン産オリーブオイルのテイスティングを兼ねたセミナーを開催しました。 プレス関係者、流通業者、バイヤーのみなさまを対象とした本セミナーには、アルゼンチンからFamilia Zuccardi(ファミリア・ズッカルディ)社、Olivícola Laur(オリビコラ・ラウール)社、Timbó(ティンボ)社、日本からは輸入代理店であるユーロパス社、木野物産、GIGA社にご参加いただきました。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。  
ギジェルモ・ハント大使は、小田原 潔 外務副大臣と面談を行いました。両者は、日本・アルゼンチンの二国間関係が素晴らしい段階にあることを再認識し、両国の友好関係をより一層深めていく努力を継続することを約束しました。  
11月25日アルゼンチン大使館は、セルバンテス文化センター@institutocervantestokioと共同でアストル・ピアソラの楽曲のコンサートを開催しました。 また、ギターリスト@leonardo_bravo_officialとバンドネオン奏者の北村聡氏がアルゼンチンの作曲家についてお話しされました。#アルゼンチン#日本#タンゴ#ピアソラ@Cancilleriaarg@culturenation culturals@min_on_official@minon_tango @ba_style_

No front page content has been created yet.

Destacados

アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...