Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

Highlights

アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...

News

2020年3月17日(火)から3月20日(金)にかけて予定されていた第二回アルゼンチン高等教育国際フェア(FIESA)は、新型コロナウイルスの影響により来年3月に延期となりました。 FIESA主催者の公式声明は下記の通りです。 アルゼンチン高等教育国際フェア(FIESA)は、COVID-19の発生により延期となり、次回は来年2021年3月16日(火)から3月19日(金)にかけてマル・デル・プラタのNH Gran Hotel Provincialにて開催されることになりました。 FIESA2020の延期は、COVID-19の発生拡大に伴い、アルゼンチンの最高省庁の指示に従い、地元民、...
ピーピング・トムはベルギーのダンスカンパニーで、ガブリエラ・カリーソ(アルゼンチン)とフランク・シャルティエ(フランス)によって2000 年に結成されました。未知なるダンスの創造を目指して「ピーピング・トム=覗き屋」と命名されました。 この度、「家族」3部作の第2作目『マザー』が3月19日(木)、20日(祝・金)、21日(土)の三日間世田谷パブリックシアターにて上演されます。 『マザー』は2016年にドイツで初演。 ユーモアを交え、記憶、女性、母に焦点をあてた衝撃的な世界観、驚異の舞台を是非お楽しみ下さい。2018年スペインで開催された第19回バリャドリッド国際演劇・ストリート・アート祭 (...
エルナン・ブロン監督の『ベイルート - ブエノス・アイレス - ベイルート』が3月14日(土)から20日(金)にかけて東京のユーロスペースにて行われるイスラーム映画祭5にて公開されます。 あらすじ: ある日グレイスは大伯母から、彼女の父(曾祖父)が家族を置き去りにして、アルゼンチンではなく故国レバノンで他界したことを聞かされる。やがてグレイスは、曾祖父の足跡を追い始める…。ブエノス・アイレスに暮らすレバノン移民の末裔の女性が、曾祖父の人生を追ってレバノンを旅する姿を描いたドキュメンタリーです。 上映日:3月16日(月)16時30分/3月18日(水)18時30分/ 3月20日(祝日・金)...
アルゼンチンの翻訳支援プロジェクト「プログラマ・ス-ル2020」がスタートしました。今年は 150件の翻訳支援を計画しています。  このプロジェクトの詳細、及び申請用紙(スペイン語、英語他)は下記サイトからダウンロ-ドできます。 http://programa-sur.cancilleria.gob.ar/index.php 申請用紙に必要事項を記入し、必要書類をご準備の上、2020年9月30日必着で手続きを行って下さい。  プログラマ・スールの翻訳選定委員会は第一回目の委員会が2020年7月、第二回目が11月に開催されます。出版の期間は、翻訳選定委員会の実施後、...
民音タンゴシリーズ51キンテート・グランデ楽団の公演が、2月20日(木)に中野サンプラザで大使館の後援のもと開催され、大使館関係者も出席しました。三組の素晴らしいタンゴ・ダンサー、美声で名高いバネッサ・キロスが出演。来賓として江藤拓農林水産大臣、日亜友好議員連盟山本幸三会長も御出席下さいました。
アルゼンチン人のディレクター、フリ・タッガー氏の作品「Solarians」が第10回国際科学映像祭ドームフェスタのShort Film 部門で最優秀賞と会場賞を受賞しました。同映画祭は2/16-2/18にかけてギャラクシティにて開催されました。 2010年に始まった国際科学映像祭は、映像技術の進化により、科学文化の形成に寄与することを目指しています。    
アルゼンチンのタンゴギタリスト、ミルタ・アルバレスの初来日ツアーが2/24 (月)から3/28(土)にかけて開催されます。 主催:アルゼンチン・ミュージック・ラボ。後援:アルゼンチン共和国大使館 アルゼンチン・ミュージック・ラボはアルゼンチン音楽(フォルクローレ/タンゴ)を紹介するため、アルゼンチンの音楽家の招聘や、ワークショップの企画、コンサートの企画などを行う団体で、清水悠と森井英朗の男性ギターユニットが運営しています。 詳細 https://armlabo.com/ 2月24日(月・祝) トーキョーコンサーツ・ラボ 2月29日(土) 東京労音ギター文化館 3月1日(日)...
アルゼンチンのラプラタ出身の五重奏団でコンテンポラリー・ミュージックの旗手「クリバス」の初来日ツアーが2/23 (日)  から3/4 (水)にかけて開催されます。共演はコトリンゴ。主催はラティーナ。 特設サイト:https://www.cowandmouse.info/kotringo-cribas 2月23日(金) @豊洲シビックセンターホール 2月28日(金)@名古屋・三楽座2月29日(土)@岡山・蔭凉寺3月1日(日)@松江・興雲閣 3月4日(水)@ビルボードライブ大阪  http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?...
『エレメント・ニエベ』のメンバー、ナタリア・ムンブル、ラウラ・メディニージャ、フランシスコ・フィセラの3名の雪像彫刻家たちは、北海道名寄市で令和2年2月4日から8日にかけて開催されました『第20回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ』へ参加しました。 彼らの作品『ムナイ』は、兄弟(姉妹)の抱擁を想起させる作品となっています。 同大会の後、大使館にて雪像彫刻家たちを迎えました。
大使館に隣接する元麻布保育園を訪問し、同園の園長に対して、隣人として改めて開園の祝辞を述べました。

No front page content has been created yet.

Destacados

3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...