Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Se informa acerca de la entrada en vigencia el 27/03/2021 de la Decisión Administrativa 268/2021 del Jefe de Gabinete de Ministros acerca del Cierre de Fronteras. La norma establece medidas adicionales acerca de los vuelos hacia la Argentina, y determina ciertos controles que se agregan a los actuales para aquellos pasajeros que ingresen al país. Se puede acceder al texto de la norma a través de este enlace: https://www.boletinoficial.gov.ar/detalleAviso/primera/242370/20210326

En virtud de lo establecido por el Decreto 167/2021 y la Decisión administrativa 219/2021 en su artículo 4, se recomienda a los nacionales o extranjeros residentes en el país y, en particular, a los mayores de SESENTA (60) años de edad o a personas pertenecientes a los grupos en riesgo definidos por la autoridad sanitaria, diferir sus viajes al exterior, cuando los mismos no respondieran al desarrollo de actividades esenciales.

Se destaca que "la salida y el reingreso desde y hacia el país implicará la aceptación de las condiciones sanitarias y migratorias del país de destino y de la REPUBLICA ARGENTINA al regreso, asumiendo las consecuencias sanitarias, legales y económicas derivadas de la misma; tal y como la imposibilidad de iniciar el viaje con síntomas compatibles con COVID-19, la necesidad de contar con un servicio de salud del viajero COVID-19 en el exterior para la cobertura médica y/o aislamiento, y de denunciar los lugares en donde estuvo en los últimos CATORCE (14) días previos al reingreso al país, entre otros. Asimismo, deberá darse cumplimiento a las condiciones impuestas por la autoridad sanitaria nacional y someterse al control de las Autoridades Provinciales, de la CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES y Municipales, en sus respectivas jurisdicciones y ámbitos de su competencia."

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

Highlights

債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...

News

アストル・ピアソラ生誕百周年を記念して、アルゼンチン外務省文化局、及びアルゼンチン国営ラジオはピアソラの作品に心からの祝福を送ります。ピアソラの作品の起源には様々な音楽的ソ-スがあり、ピアソラはそこから独自に作品をかたち作っていきました。多様性こそ、ピアソラの音楽的エキュメニズムの鍵です。アルゼンチンの音楽家であるピアソラには、生まれたときからタンゴという言語が刻みこまれていました。ピアソラがタンゴの伝統や、タンゴ独特の決まりごとを破っていく時にもそこにはタンゴの痕跡がはっきりと見てとれます。アルゼンチンタンゴの革命児として知られるピアソラですが、タンゴという音楽言語の審美的な機動性を求め、...
ギジェルモ・ハント大使は、日亜友好議員連盟 会長を務める山本 幸三議員および同連盟 事務局長の佐藤ゆかり議員を訪ね、参議院議員会館にて面談を実施しました。
国際女性デーに、在日アルゼンチン共和国大使館の職員一同がジェンダー問題に関する啓発セミナーに参加しました。 より公正且つ包摂的で平等な社会を実現するために、 ジェンダーの視点を持った公共政策を実施することの重要性が強調されました。 @mingenerosar @cancilleria
アルゼンチン大使館は「アルゼンチン牛肉振興研究所(IPCVA-Instituto de Promoción de la Carne Vacuna Argentina/Argentine Beef Promotion Institute)」のアジア最大級の見本市の一つである「国際食品・飲料展FOODEX JAPAN 2021」への出展の協力、サポートを行っております。新型コロナウィルスの影響に伴う海外からの入国規制のため、面談はオンラインで行われます。本展は3月9日(火)~12日(金)まで幕張メッセ(千葉県)にて開催されています。 #foodexjapan #...
一般財団法人民主音楽協会(民音)のイベント告知を以下の通り再掲します。 3月19日(金)13時00分(日本時間)より、以下Youtubeチャンネルリンクより、『ラ・フアン・ダリアンソ』のオンラインライブ映像が無料で公開されます。 民音Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCpRUH9jeJvYVjef7tklWQ-Q @min_on_official @ba_style_ @culturales_cancilleriaarg @lajuandarienzo #アルゼンチン #タンゴ
ギジェルモ・ハント次期大使は、3月5日、一般財団法人 民主音楽協会 代表理事の伊藤一人氏との生産的なワーキングミーティングを実施しました。本ミーティングでは、新型コロナウィルスの感染パンデミックによる制限が続く中、オンラインでのショーを通じて、タンゴやアルゼンチンのポピュラー音楽のプロモーションを継続していくという取り決めを改めて再確認しました。 ハント次期大使は、1970年以来、日本においてタンゴのツアーやショーを企画運営している民音の支援に感謝の意を述べました @min_on_official @ culturales_cancilleriaarg @lajuandarienzo...
3月27日土曜日19時から「OKIYA ゲストハウス」にて有名なアルゼンチンの演奏者兼作曲家であるアストル・ピアソラの楽曲コンサートが行われます。 このコンサートは、幅広い音楽キャリアを築いてきたバンドネオン奏者 平田 耕治氏およびピアノ奏者 永易 理恵氏の両名によって演奏されます。 サンティアゴ・デル・エステロ州特有のエンパナーダとアルゼンチン産ワインと共にお楽しみいただけます。 詳細は:https://www.okiyaguesthouse.com/ @culturales_cancilleriaarg #Argentina #Tango #Piazzolla
2月25日、ギジェルモ・ハント大使は、福島県楢葉町長松本幸英様とナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ代表取締役副社長上田栄治様とのオンラインイベントに参加しました。Jヴィレッジでは今までに、ロス・プーマス、ロス・ムルシエラゴスそして男子サッカーチームが滞在しトレーニングしてきました。 東京オリンピック・パラリンピックへのアルゼンチンの参加を見越して、エンパナーダ、ミラネサス、ニョッキなどのアルゼンチン料理のオンライン試食会が開催されました。 ハント大使は、楢葉町とJヴィレッジに対し、アルゼンチンのスポーツチームを過去数年間支援してくださった事に感謝致しました。 そして、...
アルゼンチンのテレビチャンネル Encuentro が参加した、NHKのいじめ対策プロジェクトの結果、日本の出版社 角川書店より『FACES-いじめをこえて』が出版されました。 書籍に関する詳細については、以下参照下さい。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000957/ @canalencuentro @culturales_cancilleriaarg @nhkworldjapan @kadokawa_ehon #アルゼンチン #いじめ
2021年内に、日本在住のアルゼンチンギタリストが、@leonardo_bravo_oficialのアカウントを通じて、アルゼンチンのポップミュージックのクラシックを演奏し、日本語で簡単に紹介するビデオを公開することとなりました。 このビデオの撮影は、在京アルゼンチン大使館の公邸にて実施されました。 このビデオ配信プロジェクトは、新型コロナウィルス感染症パンデミックの状況下において、 アルゼンチン文化の継続的な普及活動をことを目的としたアルゼンチン大使館の施策の一つとなっております。 ビデオシリーズの配信開始時には、有名なアルゼンチン人作曲家アリエル・ラミレス氏の『...

No front page content has been created yet.

Destacados

4月29日および5月3日、4日、5日は、日本の国民の休日のため、アルゼンチン大使館は終日閉館日となります。 上記期間中の緊急連絡先は以下の通りです。 080-1327-9416  
アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。