Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

Se informa acerca de la entrada en vigencia el 27/03/2021 de la Decisión Administrativa 268/2021 del Jefe de Gabinete de Ministros acerca del Cierre de Fronteras. La norma establece medidas adicionales acerca de los vuelos hacia la Argentina, y determina ciertos controles que se agregan a los actuales para aquellos pasajeros que ingresen al país. Se puede acceder al texto de la norma a través de este enlace: https://www.boletinoficial.gov.ar/detalleAviso/primera/242370/20210326

En virtud de lo establecido por el Decreto 167/2021 y la Decisión administrativa 219/2021 en su artículo 4, se recomienda a los nacionales o extranjeros residentes en el país y, en particular, a los mayores de SESENTA (60) años de edad o a personas pertenecientes a los grupos en riesgo definidos por la autoridad sanitaria, diferir sus viajes al exterior, cuando los mismos no respondieran al desarrollo de actividades esenciales.

Se destaca que "la salida y el reingreso desde y hacia el país implicará la aceptación de las condiciones sanitarias y migratorias del país de destino y de la REPUBLICA ARGENTINA al regreso, asumiendo las consecuencias sanitarias, legales y económicas derivadas de la misma; tal y como la imposibilidad de iniciar el viaje con síntomas compatibles con COVID-19, la necesidad de contar con un servicio de salud del viajero COVID-19 en el exterior para la cobertura médica y/o aislamiento, y de denunciar los lugares en donde estuvo en los últimos CATORCE (14) días previos al reingreso al país, entre otros. Asimismo, deberá darse cumplimiento a las condiciones impuestas por la autoridad sanitaria nacional y someterse al control de las Autoridades Provinciales, de la CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES y Municipales, en sus respectivas jurisdicciones y ámbitos de su competencia."

Boletín Informativo del Ministerio de Relaciones Exteriores, Comercio Internacional y Culto.

News

アルゼンチンで生まれたパフォ-マンス集団「フエルサブル-タ」の芸術監督ディキ・ジェイムズが日本文化にインスパイアされた最新作「WA!」。観客とパフォ-マ-が繰り広げる360度のエネルギッシュなインタ-アクションも魅力です。 世界で唯一のこのパフォ-マンスをお見逃しなく。 70分間ノンストップの究極の体験です。         公演情報 日時:2017.8/1-12/10 場所:品川・ステラボ-ル    港区高輪4-10-30 主催:WA!日本公演製作委員会[アミューズ/キョードー東京/ フジテレビジョン/イープラス/ぴあ/ローソンチケット/ パナソニック/TBSラジオ]...
1972年プエルトリコ生まれ。アルゼンチンを中心に南米、欧州、北米、日本等で活躍する女性シンガーMIMI MAURA(ミミ マウラ)。1950年代に活躍した伝説的ボレーロシンガー、マイク アセベードを父に持ち、幼少期から音楽と共に育ったミミ。その後、グラミー賞を複数受賞している世界最高峰のREBEL MUSIC BAND、LOS FABULOSOS CADILLACSのメンバーに才能を見出され、彼らとバンドを結成。バンドの揺るぎない演奏力は勿論、ミミの華やかで甘美ないでたちと、力強く美しい声にたちまちオーディエンスは魅了されていった。深みのある天性の声と母性を感じさせる温かい歌唱法は、...
アストル・ピアソラ没後25年を記念して、この度 「タンゴ・ゼロ・アワ-」「ラ・カモ-ラ」が復刻されることになりました。ピアソラ五重奏団による名演奏のアルバムです。2017年7月5日発売です。 「タンゴ・ゼロ・アワ-」 (1986年録音) MZCA-1349 2300円+税 「ラ・カモ-ラ」 (1988年録音) MZCA-1350 2300円+税 MUZAK オフィシャルサイト: http://www.muzak.co.jp/  
7月30日(日)、12時から17時 アルゼンチンタンゴ(演奏、歌、ダンス)やフォルクローレのライブの他、タンゴのミニレッスンや皆さんで楽しめるダンスタイムもあります。 郷土料理やワイン、マテ茶、ビール&スイーツや物品なども販売。 アルゼンチンの文化に触れる一日です。 入場無料。 場所: 神戸市海外移住と文化の交流センター 主催: フィエスタ・アルヘンティーナ実行委員会ほか。 詳細:   CBK  (Tel:  078-222-5350)
カロリ-ナ・ラケル・アンティッチ作品展が6月28日から7月5日までBunkamura Galleryにて開催されています。カロリ-ナ・ラケル・アンティッチはベネチア在住のアルゼンチンのア-ティストです。 今回の作品展では、2007年から現在に至る過去10年間に制作されたキャンパス作品を中心に、水彩や鉛筆デッサン、磁器彫刻、コマ撮り手法で制作されたアニメ-ションなど約30点の作品が紹介されます。 アンティッチの作品の登場人物の大半は少年少女達ですが、純真や初々しさだけではなく、残酷さ、孤独、移ろいやすい感情が映し出されています。 日時 6月28日-7月5日 時間10時-19時半...
(MHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社) 6月5日(月)、ワイン輸入会社のMHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、当館にて、アルゼンチンのワイナリー、テラサス デ ロス アンデスのプロモーションイベントを開催しました。当日は、テラサス デ ロス アンデスの醸造家ゴンサーロ カラースコ氏も来日、大使公邸にてアサードが振る舞われました。
2017年6月5日から15日まで、一般財団法人・海外産業人材育成協会(HIDA)とTAHO コンサルティングの共催の下、Japanese Management Experience(JAME) 第二弾のアルゼンチン及び、他のラテンアメリカ諸国の企業経営者向けのコーポレートマネジメント研修 セミナーが開催されています。 大使は6月5日にHIDA東京研修センターで行われた開講式に出席し、6月6日には参加者を歓迎して大使館でワインパーティーを開きました。 ワインパーティーには谷口智彦内閣官房参与、HIDAの桒山信也理事長、TAHO とJAMEの理事を兼務しているホルへ・...
ミロンガとセミナー タンゴを通してアルゼンチンから日本、アジア、世界へと繋がりを求めて 日時: 2017年7月14日(金)から17日(月・祝日) 場所:  池袋アカデミーホール(14,15日) 豊洲シビックセンターとスタジオ・オウル(16日) 豊洲シビックセンターとスタジオ・オウル(17日) アルゼンチン、シンガポール、韓国、ロシア、インドネシア、日本のアーティストの他、台湾、香港からも参加。 詳細: https://www.tangofestivalentokyo.com/ 090-347-1131 (サエ&ホアン・カルロス)
  大使館の入り口では、次々とつぼみが開き、美しい赤い花が咲いています。 お近くにお越しの際にはぜひ見にいらしてください。          

No front page content has been created yet.

Destacados

4月29日および5月3日、4日、5日は、日本の国民の休日のため、アルゼンチン大使館は終日閉館日となります。 上記期間中の緊急連絡先は以下の通りです。 080-1327-9416  
アルゼンチンとチリの両国が南極半島の海洋保護区推進の共同提案を支持し、ビジュアルマガジン『ナショナル ジオグラフィック』と共に、南極半島での現地踏査を記録した秀逸のドキュメンタリーフィルム。   以下のリンクから、ご視聴いただけます。 https://www....
境町からアルゼンチンオリンピック委員会へマスクの寄贈
アラン・ベロー駐日アルゼンチン大使は、アルゼンチンオリンピック委員会を代表し、東京2020オリンピック競技大会に参加するアルゼンチン選手の事前キャンプ等「ホストタウン」に登録されている茨城県境町の橋本正裕町長からCovid-19(新型コロナウィルス)感染予防のために寄贈された2,...
3月16日に公布された政令274/2020により、港湾、空港、車両、入管センター、その他のアクセスポイントを経由して、アルゼンチンに入国した外国人非居住者の受け入れを、(15)日間、禁止しています。 この15日間と言う期限については、疫学的観点から、内務省は、その期限を延長することができます...
  “FESTIVAL LATINOAMERICANO 2019 Charity Bazaar” will take place on Monday, November 25th, 2019 in Tokyo Prince Hotel.   Date:...
来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。