Embassy in Japan

Welcome to Embajada en Japón

News

2019年1月17日(木)、アルゼンチン大使館にて、アルゼンチン政府の示す和解案への承認を得るべく開催する、第4回~第7回アルゼンチン国債(サムライ債) 債権者集会告知のため、記者会見が実施された。債権者集会は、2月22日に東京にて実施される予定です。債権者集会召集のお知らせは大使館ウェブページでご覧いただけます。    
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。   第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996) 第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999) 第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000) 第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)   共和国が提案する議案の内容、債権者集会に係る手続のご案内及び議決権行使のための書面については、以下をご参照ください。   債権者集会に関する書面のご案内...
日産のアルゼンチンにおける活動や計画について会合を継続し、市場に発表されている自動運転技術を用いた同社新型モデルについて見聞を広めるべく、駐日アルゼンチン共和国大使館の外交官が同社施設を訪問した。
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使は、2018年12月29日に鹿児島(白波スタジアム)にて、JFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会の優勝チーム、川崎フロンターレにアルゼンチン共和国杯を贈呈しました。このアルゼンチン共和国杯は、JFAと共同で日亜外交関係樹立120周年記念事業の一環として製作されました。
去る12月11日、駐日アルゼンチン共和国大使館にて、政府・官公庁関係者、企業、文化・スポーツ関係代表者をはじめとする方々を招き、日本・アルゼンチン外交関係樹立120周年閉幕式が行われた。 ベロー駐日アルゼンチン共和国大使は、政治、経済、貿易面における二国間の戦略的パートナー関係がより究められた点に加え、文化・スポーツ関連事項に関して、今年2018年を振り返った。その中でも、2016年以降、3年間にわたり、それぞれの国で開催された3つの二国間会談の成果(①2016年:安倍晋三首相、現職日本国内閣総理大臣として57年振りに亜国を公式訪問、②2017年:マウリシオ・...
12月5日、一般社団法人 日本アルゼンチン協会(ANA)は、アルゼンチン共和国大使館関係者のための忘年会を開催した。  忘年会では、バンドネオンによるミニコンサートが披露され、ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、遠藤信博同協会会長、同協会幹部および外交団が参加した。  開会の辞として、ベロー駐日アルゼンチン共和国大使と遠藤会長は、この1年を通して、共同で行った活動について、そして、今年2018年は、日亜外交樹立120周年を迎え、双方にとって特別な年であったことについて言及した。  
12月1日、株式会社東急文化村 ル・シネマにて“(邦題)ピアソラ 永遠のリベルタンゴ”が封切られ、当日の3回目迄の上映は、どの回も満席でした。 この作品は、アルゼンチン共和国と日本で共同制作された初めての作品です。  ベロー駐日アルゼンチン共和国大使は、初回の上映を鑑賞し、上映後、監督ダニエル・ローゼンフェルド氏によるトークセッションが開催されました。  ル・シネマには、ピアソラに関連する小物等が展示されている特別なスペースが設けられました。  同日の午後、公開初日をお祝いして、アルゼンチン共和国大使館にて、映画業界の関係者をお招きして、レセプションが開催されました。 ...
12月6日、ベロー駐日アルゼンチン共和国大使は、株式会社ラティーナ代表取締役 本田健冶氏を迎え、アルゼンチン音楽の普及への貢献ならびに、日亜外交樹立120周年を記念し、今年のメインイベント興行として公演された“タンギッシモ2018”の制作に対し、感謝状を贈呈した。 “タンギッシモ2018”は、在日アルゼンチン共和国大使館の後援により、去る9月30日、渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて、巨匠ロベルト・アルバレス氏率いるアルゼンチンのトップ・タンゴ楽団 オルケスタ ・コロール・ タンゴ・ デ・ アルヘンティーナ、バンドネオンの名手 小松亮太氏、同氏率いる小松亮太キンテートに加え、...
12月5日、ベロー駐日アルゼンチン共和国大使は、株式会社ムーンミュージックの事務所を訪問し、女優で歌手の冴木杏奈氏に対し、アルゼンチン音楽の普及への貢献ならびに、日亜外交樹立120周年を記念して、11月1日、三越劇場で上演された舞台公演「南十字星へのプレリュード」に対し、感謝状を贈呈した。    
11月29日(木)、セルバンテス文化センター東京にて、映画“ピアソラを感じて”が上映されました。 パブロ・ロー監督によるドキュメンタリー映画で、アストル・ピアソラの音楽から感じ取られるメランコリー(悲哀)とピアソラ自身の生活を探求し、掘り下げた作品です。 上映会には、ベロー駐日アルゼンチン共和国大使が出席し、上映後、レオナルド・ブラボー氏(ギター)と早川純氏(バンドネオン)の二人によるタンゴのミニコンサートが開かれました。 この上映会は、大使館後援で行われました。

No front page content has been created yet.

Destacados

来る、5 月13 日(月)アークヒルズクラブにて、アルゼンチン共和国ルイス・ミゲル・エチェベレ農産業国務大臣を基調講演者に迎え、アルゼンチンでの農業関連産業へのビジネス機会をご紹介するセミナーを開催致します。詳細及びご参加をご希望される方は別添をご覧ください。   【...
債権者集会における議案の採否に関するお知らせ   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996)、第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999)、第6回アルゼンチン共和国円貨債券(2000)、第7回アルゼンチン共和国円貨債券(2000...
アルゼンチンサムライ債に関するご案内   アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。  ...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...