Embassy in Japan

アルゼンチン・アート@アートフェア東京 2019

3月7日、アルゼンチン共和国アラン・ベロー大使はアートフェア東京 2019 の開会式、及び内覧会に出席致しました。
アートフェア東京の一環として開催される「World Art Tokyo」は、2018年にスタートしたときには9ヶ国が参加。
今年は、在京大使館の協力のもと31ヶ国28名のアーティストが参加しました。アルゼンチンからは Ad Minolitiが出品いたしました。


「World Art Tokyo」は選ばれたアーティストたちにコレクター、アーティスト、様々な分野の特別な招待客とのネットワーク構築の機会を提供するとともに、アートフェア東京に来場するお客様との距離を縮めることを目的としています。

開会式には安倍昭恵氏、田端浩観光庁長官、東京芸術大学宮田亮平学長、アートフェア東京來住尚彦エグゼクティブプロデューサー、各国駐日大使、「World Art Tokyo」の招待作家たちが参加しました。

アートフェア東京は日本のアートシーンにおいて最も重要なアートフェアです。昨年は四日間で約6万人の入場者数を記録しました。