Embassy in Japan

アルゼンチン高等教育国際フェア(FIESA)延期のお知らせ

2020年3月17日(火)から3月20日(金)にかけて予定されていた第二回アルゼンチン高等教育国際フェア(FIESA)は、新型コロナウイルスの影響により来年3月に延期となりました。

FIESA主催者の公式声明は下記の通りです。

アルゼンチン高等教育国際フェア(FIESA)は、COVID-19の発生により延期となり、次回は来年2021年3月16日(火)から3月19日(金)にかけてマル・デル・プラタのNH Gran Hotel Provincialにて開催されることになりました。

FIESA2020の延期は、COVID-19の発生拡大に伴い、アルゼンチンの最高省庁の指示に従い、地元民、及びビジターの健康を第一に考えての決断でした。FIESA2020には33ヶ国の代表が参加を表明していましたが、その中にはCOVID-19が広がっている国も含まれていました。ダイナミックなウィルスの拡大、またそれに伴う危険、アルゼンチンへの旅行に対する規制に鑑み、このままFIESAを開催することは
妥当ではないという結論に至りました。他国での規制の結果、申込者の参加が難しくなったことも理由のひとつです。

FIESA2021の主催はCIN(国立大学間審議会)及びマル・デル・プラタ国立大学です。
既にFIESA2020への申し込みを行い、代金をお支払い頂いている場合には、自動的にFIESA2021への登録として充当されます。