Embassy in Japan

期待のダンスカンパニー ピーピング・トム『マザー』: 世田谷パブリックシアターにて上演

ピーピング・トムはベルギーのダンスカンパニーで、ガブリエラ・カリーソ(アルゼンチン)とフランク・シャルティエ(フランス)によって2000 年に結成されました。未知なるダンスの創造を目指して「ピーピング・トム=覗き屋」と命名されました。

この度、「家族」3部作の第2作目『マザー』が3月19日(木)、20日(祝・金)、21日(土)の三日間世田谷パブリックシアターにて上演されます。
『マザー』は2016年にドイツで初演。 ユーモアを交え、記憶、女性、母に焦点をあてた衝撃的な世界観、驚異の舞台を是非お楽しみ下さい。2018年スペインで開催された第19回バリャドリッド国際演劇・ストリート・アート祭 (Festival Internacional de Teatro y Artes de Calle en Valladolid)にて最優秀パフォーマンス賞を受賞。
構成・演出: ガブリエラ・カリーソ
詳細: http://www.peepingtom.be/en/info/profile/1
https://setagaya-pt.jp/en/performances-en/mother.html