Embassy in Japan

翻訳支援プロジェクト「プログラマ・ス-ル」2020

アルゼンチンの翻訳支援プロジェクト「プログラマ・ス-ル2020」がスタートしました。今年は 150件の翻訳支援を計画しています。 

このプロジェクトの詳細、及び申請用紙(スペイン語、英語他)は下記サイトからダウンロ-ドできます。 http://programa-sur.cancilleria.gob.ar/index.php
申請用紙に必要事項を記入し、必要書類をご準備の上、2020年9月30日必着で手続きを行って下さい。 

プログラマ・スールの翻訳選定委員会は第一回目の委員会が2020年7月、第二回目が11月に開催されます。出版の期間は、翻訳選定委員会の実施後、2021年11月30日までの間となりますので、この点にご留意下さい。 第一回目の委員会で選定された作品につきましては、第二回目の委員会の前であっても出版可能となります。第二回目で選定された場合には2021年11月30日までに出版することとなります。

翻訳選定委員会は文学界、文化、出版界の専門家によって構成され、応募件数の中から厳正に対象となる作品を選定します。最大で一件につき3200ドルの援助が行われます。

プログラマ・スールはアメリカ大陸最大の翻訳支援プログラムで、毎年約135の作品がこの支援プロジェクトによって翻訳されています。

現在までにのべ420名のアルゼンチン作家による1472の作品が46の異なる言語に訳され、51ヶ国で出版されています。予算総額は4百万ドルにのぼります。

是非、奮ってご応募下さい。皆様の御応募をお待ちしております。